ネットでお小遣い稼ぎ!リスクは少なくこつこつためます。
2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/052017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年4月8日に公開にされる映画『リバティーン』

大変興味があります!

イギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵の壮絶な一生を描いたこの作品、
ジョニー・デップ主演、ストーリーも久々に「娯楽」や「家族」、「サスペンス」とかいう一般受けしそうな内容と違って、精神の奥底に「なにか見えそう!」みたいな、芸術的な美しさと、古典の世界の郷愁(よく意味わからんなぁ)とか感じられそうな映画です。

ストーリーは、天才詩人と呼び声高いロチェスター伯爵が、その傍若無人な振る舞いで国王 チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)に追放されます。
三ヵ月後に恩赦で許され、ロンドンに戻るのですが、そこで女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)と出会い・・・

恵まれた容姿と才能を持ちながら、なぜこれほどまでに破滅的な人生を選んだのか?
そして、エリザベス・バリーとの恋の行方は?
という感じで、詩的な文学作品としての興味もわいて来ます。

個人的なことですが、私、世界史大好きでした。
とくに、革命の時代、この映画の舞台となっている1660年ごろの封建世界が崩壊し、市民が力をつけてきたころのイギリス、フランスなど、いろんなドラマがありそうで大好き!

このえいがでも、上流階級の華やかな世界と、汚れた世界を垣間見ることができるこの映画、観てみたいです。
r.gif



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kokusei.blog10.fc2.com/tb.php/81-5a1a6383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。